top of page

Shimanami 03

朝食までの時間があったので近くの国宝の三重の塔へ。眺めが良くて気持ちよかった。桜が綺麗だった。というかどこかしらに桜がずっとあってよかった。散り始めか、かなり散っていて桜の木の下が花びらだらけか、だけど春って感じがどこかにして気持ちが良かった。



昨日の夜から15km追加して海鮮丼を食べに行くかをかなり迷ってた。15kmの中には峠もあってきついかなって思っていたけどそもそも普段が坂の途中に住んでいるのでどこに行くにも坂があってキツイよなって思ったりしていたけどこういうときにとても気が楽になる。

教えてもらった海鮮丼の店の手前の道の駅にはまたどっさりの柑橘が売っていてブラッドオレンジもあった。早速買っていきなりおやつに4個くらいたべてしまった。

向きづらいから今度からはそういった物に備えてオピネルナイフを持って行った方が良いかもしれないと思う。


海鮮丼とフグの天ぷらをたべた後はまた峠を登って伯方島へ。九州の塩かと思っていたけど字は違った。博多、伯方。

塩田は見えなかったけど塩ソフトはたべた。


橋の麓から橋の上まではいつも自転車専用道路(原付バイクと同じ時もある)の坂を登るんだけどほとんどすれ違いもないのでゆっくり自動車とは別に登れるのが辛い気分にならなくて良い。そういうときは果樹園の中の道が多く、レモンやオレンジ色の柑橘がポロポロ落ちたりしてる畑の間を走ってる。常緑の木なので多分季節が変わっても木の感じはあまり変化しないのかな。



橋の上はかなり高い位置を走るけど、風が少ない土地柄のせいかそよ風が心地よい。海の向こうの山や小さな船がずっと見えている景色だけどどこか違った角度や形で飽きない。橋の形や歩道のつくりも少しづつ違う。



最後に大きな橋を超えて今治の街の近くに来るとちょうど夕方の通勤に重なったようで一日過ごしたしまなみの島々とは全く違う少し都会の日常を思い出す街の雰囲気で良くも悪くも疲れや様々なことを思い出させてくれた。


今治で泊まって明日はストレートで尾道を目指すのでまた反対側から走るのも楽しみ。




Comentarios


bottom of page